アトピー性皮膚炎

概要

病気の概要:犬に多い疾患で、主な症状として皮膚の赤みと痒みが見られます。痒みの出る部位は通常顔(耳の場合もある)、四肢、腋、内股、肛門周囲です。これらの症状は環境中の抗原(アレルゲン)を吸引または経皮的に吸収することにより発現し、最初に症状が見られるのは通常1歳から3歳の間とされています。アトピー性皮膚炎に加えて他のアレルギー(食物アレルギー、ノミアレルギーなど)や細菌・真菌の二次感染が加わると、痒みは更に激しくなり、皮膚の状態も悪化します。
診断と治療:通常、症状と病気の経過から診断します。アレルギー検査で抗原(植物、カビ、昆虫など)を特定できる場合、可能であれば環境中からアレルゲンを除去し、それらへの暴露を減少させます。二次感染がある場合は、感染を抑えることで症状の改善が期待できます。痒みを抑制するために抗ヒスタミン剤や免疫抑制剤(ステロイド、アトピカなど)を用いることもあります。いずれにせよ、ほとんどの症例で生涯にわたる治療が必要です。また、根本的治療として減感作療法(アレルゲンを繰り返し注射することでアレルギー反応が起こらないようにする)があります。減感作療法の効果は、症状の軽減から他の治療が不要になるほどの改善まで様々です。

症例

画像

写真1

顔面の病変。

画像

写真2

後肢の病変。

画像

写真3

前肢の病変。

サイドメニュー

  • トップ
  • 一般診療
  • スタッフ紹介
  • よくある病気一覧
  • 患者さん紹介