一般診療

受付案内

画像

午前 09:00~12:00
午後 15:00~18:00
予約電話番号:03-3958-5370 / 5379
休診日:なし
〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-39-1
有限会社 キタ-ヴェット (北川犬猫病院)
E-mail:info@kita-vet.com

スケジュール

◎お待たせしないために基本的に予約優先とさせていただきますが、急患の場合、または急に来院可能になった場合はご連絡ください。
◎夜間診療は行いませんが、急患の場合御連絡下さい。夜間緊急対応の病院を御紹介します。
◎お仕事の都合で受付時間内に来院できない方はご相談くだされば可能な限り対処いたします。
◎土曜、祝日も上記の時間で受付いたします。
◎年間数日学会のために休診日をいただきますが、事前にお知らせいたします。

診療内容

アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、皮膚感染症、寄生虫性皮膚疾患、内分泌性(ホルモン性)皮膚疾患、皮膚腫瘍等の皮膚の病気や外耳炎、中耳炎等の耳の病気に力を入れております。犬や猫の耳鼻科では外耳炎は皮膚病の延長として捉えられており、中耳炎もその中に含まれていましたが、オトスコープ(耳用の内視鏡)の導入により積極的に鼓室洗滌(中耳洗滌)を行うことにより疾病の改善に役立てようとしています。フィラリア、狂犬病、ジステンパー等各種病気の予防、治療をはじめ去勢、不妊手術、軟部外科(腫瘍疾患、膀胱結石、異物による消化管切開、消化管切除、会陰ヘルニア、鼠径ヘルニア等)を含め、幅広く健康管理をいたします。
ご希望の方は、心エコーを駆使した心臓の精密検査と検査後のフォローをうけることができます。

診療対象は主に犬と猫です。整形外科、眼科に関しては必要性に応じて専門病院、大学病院などをご紹介いたします。

院内風景

オトスコープ(耳内視鏡)を用いた耳疾患の治療

普段の診療では見づらい耳の深部も、オトスコープで観察しながら洗浄することによって鼓膜や耳道の汚れを隅々まで取り除くことができます。

画像

写真A

耳道内に小型の腫瘤が認められる。

画像

写真B

複数の耳垢腺が腫瘍化して耳道を塞いでいる。良性腫瘍や過形成でもその大きさや数によっては耳道を閉塞し、耳内環境の悪化因子となる。

画像

写真C

耳道内に脱落した被毛が鼓膜に刺さった状態。

画像

写真D

耳垢が被毛を巻き込んで塊状になっている(耳垢塊/耳垢石)。

画像

写真E

専用の鉗子で耳垢塊を除去しているところ。

内視鏡

当院では耳の内視鏡だけでなく、消化管内の内視鏡検査も実施しております。いたずら好きなわんちゃんや猫ちゃんは誤って食物ではないものを誤食するケースが多々あり、胃や食道に異物が留まっているときは大きさによっては開腹手術をせずに異物を除去できる場合があります(開腹手術を行う場合は1週間ほどの入院が必要になりますが、内視鏡で取り出せた場合はその日のうち、あるいは1日程度の入院で帰宅できます)。また、消化管内にできものができている場合、その一部をとって検査をすることができますので腫瘍等の診断の手助けになります。

画像

猫のひも状異物

画像

犬の胃の腺癌

画像

犬の大腸のポリープ1

画像

犬の大腸のポリープ2

ソノサージ

当院では外科手術をより円滑に行うため、超音波手術システムを導入いたしました。
超音波手術システムは切開、凝固を目的に使用され、出血のより少ない手術が可能となり、手術時間も短縮されました。

画像

ソノサージ(シザータイプ)

画像

ソノサージ(フックタイプ)

画像

キューサー

サイドメニュー

  • トップ
  • 一般診療
  • スタッフ紹介
  • よくある病気一覧
  • 患者さん紹介