〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-39-1 TEL 03-3958-5370

診療案内

受付案内

診療時間
9:00-12:00
15:00-18:00

午前 09:00~12:00
午後 15:00~18:00
予約電話番号:03-3958-5370 / 5379
休診日:木曜日
〒174-0072
東京都板橋区南常盤台1-39-1

◎お待たせしないために基本的に予約優先とさせていただきますが、急患の場合、または急に来院可能になった場合はご連絡ください。
◎夜間診療は行いませんが、急患の場合御連絡下さい。夜間緊急対応の病院を御紹介します。
◎お仕事の都合で受付時間内に来院できない方はご相談くだされば可能な限り対処いたします。
◎土曜、祝日も上記の時間で受付いたします。
◎年間数日学会のために休診日をいただきますが、事前にお知らせいたします。

院長ごあいさつ

photo_staff_03
院長: 後藤 慎史

新しい令和の時代が幕を開けました。この令和元年10月、北川犬猫病院の院長に就任した後藤慎史と申します。

長年に渡り、板橋の地域医療および様々な地域からお越しの皮膚、耳の患者様に対して貢献してきた前院長の三枝先生の後を引き継ぐこと、身が引き締まる思いでおります。病院のみならず、三枝先生が診療において大事にされてきた思いも引き継いで参りたいと思っております。

私は、北海道の酪農学園大学の獣医学部を卒業後、愛知県内の動物病院2院で勤務医として働き、5年前からこの北川犬猫病院で勤務して参りました。診療する上で心がけていることは、話しやすい獣医師であることと、常に丁寧な診察を行うことです。

変わりゆく時代の中で、ペットと共に生きる我々の生活や動物医療も変化および発展して参りました。常に最新、最良の検査や治療をご提供するために、スタッフ一同勉学に励んでまいります。また、時代が変わっても今までと変わらず、皆様の心に寄り添いながら、皆様にとって「家族」であるペットの健康と向き合っていきたいと思います。今後とも、北川犬猫病院をどうぞよろしくお願い致します。

名誉院長(前院長)ごあいさつ

photo_staff_01
名誉院長:三枝 早苗

2019年令和元年10月1日 北川犬猫病院が変わります。新しく後藤慎史が院長となり、三枝早苗は退官します。でも、ご安心ください。三枝は名誉院長(Founder)として残り今まで同様に臨床に励みます。後藤は、三枝とは親子ほど年が違いますが、二人協力して故北川米蔵氏(三枝早苗の父)の残した宝を大切にして、大きくしていきたいと思っています。

 小動物(犬、猫 エキゾチック)の世界も目まぐるしく変化しています。今日のことは、10年後には通用しなくなっているかもしれません。そんな中でも、きちんと目を見据え何が要求され、何が不用なのかを判断し、私たちの大事な伴侶、かけがえのない家族の 健康のために今後とも尽くす次第でございます。どうか、よろしくお願いいたします。

診療内容

shinryounaiyou_compressed

アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、皮膚感染症、寄生虫性皮膚疾患、内分泌性(ホルモン性)皮膚疾患、皮膚腫瘍等の皮膚の病気や外耳炎、中耳炎等の耳の病気に力を入れております。犬や猫の耳鼻科では外耳炎は皮膚病の延長として捉えられており、中耳炎もその中に含まれていましたが、オトスコープ(耳用の内視鏡)の導入により積極的に鼓室洗滌(中耳洗滌)を行うことにより疾病の改善に役立てようとしています。フィラリア、狂犬病、ジステンパー等各種病気の予防、治療をはじめ去勢、不妊手術、軟部外科(腫瘍疾患、膀胱結石、異物による消化管切開、消化管切除、会陰ヘルニア、鼠径ヘルニア等)を含め、幅広く健康管理をいたします。
ご希望の方は、心エコーを駆使した心臓の精密検査と検査後のフォローをうけることができます。

診療対象は主に犬と猫です。整形外科、眼科に関しては必要性に応じて専門病院、大学病院などをご紹介いたします。

主な設備

オトスコープ(耳内視鏡)

普段の診療では見づらい耳の深部も、オトスコープで観察しながら洗浄することによって鼓膜や耳道の汚れを隅々まで取り除くことができます。

内視鏡

当院では耳の内視鏡だけでなく、消化管内の内視鏡検査も実施しております。いたずら好きなわんちゃんや猫ちゃんは誤って食物ではないものを誤食するケースが多々あり、胃や食道に異物が留まっているときは大きさによっては開腹手術をせずに異物を除去できる場合があります(開腹手術を行う場合は1週間ほどの入院が必要になりますが、内視鏡で取り出せた場合はその日のうち、あるいは1日程度の入院で帰宅できます)。また、消化管内にできものができている場合、その一部をとって検査をすることができますので腫瘍等の診断の手助けになります。

ソノサージ

当院では外科手術をより円滑に行うため、超音波手術システムを導入いたしました。
超音波手術システムは切開、凝固を目的に使用され、出血のより少ない手術が可能となり、手術時間も短縮されました。

院内風景