〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-39-1 TEL 03-3958-5370

スタッフ紹介

獣医師 院長

後藤 慎史(ごとう しんじ)

photo_staff_03

動物とご家族の皆様が共に幸せに暮らせる ように、力になりたいと思っております。何でもご相談ください。

【出身】
愛知県豊田市

【趣味】
カフェ巡り、カメラ、プロ野球観戦、温泉巡り、愛犬とたわむれること。

【飼っているペット】
トイプードル2匹(ロミオとジュリオ)

幼少期愛知県および海外(米、加、豪)で過ごす
2009年酪農学園大学 獣医学部獣医学科卒業
2009年-2014年愛知県内の動物病院にて5年間勤務
2014年北川犬猫病院にて皮膚科・耳科症例を担当
2014年東京農工大学動物医療センターにて皮膚科診療の研修を受ける
2016年世界獣医皮膚科学会(フランス)で症例発表(ポスターセッション)
2016年田園調布にて、カフェに併設の皮膚科動物病院、ヒフカフェ動物病院を開院
現在診療の他に、コラム執筆、専門誌の翻訳やカウンセリングの仕事も行っている

【所属】
アジア獣医皮膚科学会 日本窓口
日本獣医皮膚科学会所属
ヒフカフェ動物病院 (大田区) 獣医師
元東京農工大学皮膚科単科研修医
読売巨人軍ファンクラブ会員

獣医師 名誉院長

三枝 早苗(さえぐさ さなえ)

今一番生きがいを感じるのは、治療の成果が出てボロボロだったコが見違えるようにきれいになって、飼い主もそのコもニコニコと元気になったときです。この職に就いて本当に良かったと思っています。
生涯現役の覚悟です。

1970年日本大学農獣医学部獣医学科卒業
1976年東京大学農学系大学院獣医学専門課程博士課程修了、農学博士学位受位、東京大学医科学研究所免疫学研究部客員研究員
1984年北川動物病院副院長、帝京大学第一内科修練医
1998年4月日本獣医皮膚科学会理事
2003年日本獣医皮膚科学会副会長
2003年「専門家が選んだ信頼できるペットの名医55人」(週刊朝日掲載)に皮膚科の分野で選ばれました。
2005年-2019年北川犬猫病院院長
2010年2月皮膚科学会理事終任
2010年3月獣医耳科研究会 VEP 結成
2012年3月日本獣医皮膚科学会より感謝状を授与。 永年に亘り日本獣医皮膚科学会の発展に寄与したために、第15回獣医皮膚科学会総会において感謝状を授与された。
2014年3月小学館 獣医「名医100人」に選出される

獣医師

笠井(浅野) 智子(かさい ともこ)

photo_staff_02

獣医師として社会に出てから、これまで沢山の方々に支えられてきました。皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、日々の診療に真摯に取り組む所存です。
皮膚や耳の病気にはさまざまな要因が複雑に重なって起こるものもあり、治療には飼い主の方の協力が欠かせません。
ご家庭の環境を考慮した上で、それぞれに適した治療法を提案させていただきます。
大切な家族の健康を守るお手伝いができれば幸いです。

2006年麻布大学獣医学部 獣医学科卒業
北川犬猫病院勤務(現在に至る)
2011年4-9月麻布大学獣医学部 公衆衛生学第2研究室 研究生
2011年10月
-2015年9月
麻布大学大学院 獣医学研究科博士課程
2012年日本獣医皮膚科学会認定医取得
2015年10月麻布大学獣医学部 公衆衛生学第2研究室 共同研究員
2016年5月東邦大学医学部 微生物・感染症学講座 非常勤研究生

【賞罰】
2010年度 日本獣医皮膚科学会 優秀論文賞受賞

【主な所属】
日本獣医皮膚科学会、獣医耳科研究会(耳研、VEP)、日本小動物歯科研究会、日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会、日本ブドウ球菌研究会

【趣味】
猫と戯れること、描画・工作などの細かい作業