ときわ台駅 北川犬猫病院

東京都板橋区|東武東上線ときわ台駅 徒歩5分のペットクリニック

専用駐車場5台 トリミングサロン併設 クレジットカード対応

ときわ台駅 北川犬猫病院

ご予約
  • 03-3958-5379
  • 03-3958-5370

休診日:木曜日

〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-39-1

  • 診療予約/トリミングサロン予約

当院での治療例

外耳炎から中耳炎を併発したジャーマンシェパードの鼓膜が一週間で再生しはじめた例

  • 当院での治療例
lida
  • 犬種:ジャーマンシェパード
  • 名前:リダ
  • 病名:外耳炎および中耳炎
  • 性:メス(3歳)

治療前

1歳のころからたびたび外耳炎を起こし、ひたすら耳を搔いていた。

2017年、股関節形成不全のため歩行困難をおこし骨頭切除の手術をした。

2019年の夏、耳から黒い耳垢が出て生臭いにおいがした。

外耳炎のほかに趾間炎も患っていた。

両耳から暗赤褐色の粘液が混じった分泌物が大量に出てきた。

右の耳道入り口には大きな潰瘍ができていた。

治療内容

細胞診で大型の球菌と桿菌が多数見られた。耳垢の細菌培養の結果ではブドウ球菌とプロテウス菌が分離された。

両耳の洗浄を麻酔下で行った。

洗浄して膿を排出し右耳をオトスコープで観察したところ、鼓膜の存在が確認できなかった。

洗浄後、抗生物質を耳に注入した。

外用薬を耳道に塗布した。

食物アレルギーの関与を診るために、除去食の投与を始めた。

鼓膜が破損してる右耳

治療後

一週間後に診察したところ、左の外耳炎はかなり改善していた。

右の鼓膜が形成され始めていた。

耳の痒みがだいぶ治まったようであった。

再生しはじめた鼓膜

獣医師コメント

大型犬はあばれてしまうと治療効果があがらないので、鎮静剤を打って静かな状態にして耳の処置を行うと獣医さんも犬もハッピーです。

外耳炎が治らない時は、基礎疾患を探ってみることが大切です。
耳には食物アレルギーが現れる頻度が高いと思われます。

中耳炎は簡単には治らない場合が多いです。奥に細菌が残ったまま鼓膜が形成されてもまたすぐに再発してまう可能性があるので、経過を注意深く観察する必要があります。

今回は、飼い主さんから写真をたくさんいただきました。

ACCESS

北川犬猫病院

〒174-0072
東京都板橋区南常盤台1-39-1

東武東上線ときわ台駅 南口より徒歩5分

お客様専用駐車場 5台分あり

 
 
ご予約

専用駐車場 5台あり トリミングサロン併設
クレジットカード対応 English Available
クレジットカード
診療時間
9:00-12:00 -
15:00-18:00 -

休診日:木曜日

ページトップへ