〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1-39-1 TEL 03-3958-5370

猫の病気

当院での治療例

猫のアトピー性皮膚炎の治療として減感作療法を試しています

犬には人で見られるようなアトピー性皮膚炎が存在することは明確ですが、はたして猫にもアトピー性皮膚炎が本当にあるかどうかは論議の的です。 今回は、いわゆるアトピー性皮膚炎様の症状で免疫抑制剤に反応しない脱毛症の猫ちゃんに対して、皮内反...
当院での治療例

猫の食物アレルギーの原因が判明して顔のかきむしりが改善した例

猫の種類:アメリカンショートヘアのマンチカン名前:まるちゃん病名:大豆アレルギー 治療前 保護猫だったまるちゃんを引き取って飼育されている飼い主様です。 他院でステロイドを投与され、カラーを装着したけれど痒みは治...
患者様からいただいたコメント

猫の腫瘍随伴性皮膚炎 仲鉢ミミちゃん・ アビちゃんの場合

三枝院長 患者様より頂いたコメントをブログで紹介させていただいています。ありがとうございました。 名前:仲鉢ミミ・ アビ 病名:胸腺関連性剥脱性皮膚炎、腫瘍随伴性皮膚炎 飼い主さんコメント 自己紹介: ...
患者様からいただいたコメント

ソマリの食物アレルギー 小川フラン & マルクの場合

三枝院長 患者様より頂いたコメントをブログで紹介させていただいています。ありがとうございました。 犬種:フラン&マルク 名前:小川フラン & マルク 病名:ソマリの食物アレルギー 飼い主さんコメント ...
患者様からいただいたコメント

ブルテリアと猫の同居、犬と猫の多頭飼い矢作家の場合

三枝院長 患者様より頂いたコメントをブログで紹介させていただいています。ありがとうございました。 矢作家の場合病名:ブルテリアと猫の同居 飼い主さんコメント 我家は2歳のスタンダード・ブルテリア2...
よくある症状

ペットのクッシング病について

概要 病気の概要 副腎皮質から分泌されるホルモンの過剰な産生または投与により生じ、犬で最も一般的に診断される内分泌疾患ですが、猫では稀です。副腎皮質機能亢進症には自然発生性および医原性のものがあり、後者は主にアレルギー性疾患や免疫介在性...
よくある症状

ペットの甲状腺機能低下について

概要 病気の概要 甲状腺ホルモンは代謝を抑制する上で主要な役割を担っています。正常な生長および発育に必須であり、毛周期における成長期を活性化します。甲状腺機能低下症は甲状腺の構造的または機能的な異常などによって甲状腺ホルモンの生産...
よくある症状

ペットの耳の病気について

この記事では、実際の耳の症例写真を載せています。集合体恐怖症の方は閲覧をご遠慮ください。 三枝院長 ご理解よろしくお願いします。 概要 耳は音を聞くだけではなく平衡感覚をとる大事な器官があります。また、皮膚の延長...
よくある症状

ペットの食物アレルギーについて

概要 病気の概要 アレルギーの原因物質(アレルゲン)が食物であるアレルギー性皮膚疾患を指します。アトピー性皮膚炎がI型アレルギーであるのに対し、食物アレルギーはI型アレルギーとIV型アレルギー両方の形をとり、約7割はIV型アレルギーであ...
よくある症状

ペットの皮膚の腫瘍について

この記事では、臓器や血液の写真が載っています。気分を害される方の閲覧はご遠慮お願いします。 三枝院長 ご理解よろしくお願いします。 概要 皮膚の腫瘍 皮膚の腫瘍(上皮系)には、①線維性腫瘍、②毛包系腫瘍、③脂腺系...